定期借地権のメリットとは

契約新法になって増えたのが「定期借地権」です。これは地主側の悩みを解消する借地権のひとつです。平成4年以降に契約する場合は、契約終了後に土地が返還される「定期借地権」を条件にする人が多くなりました。この定期借地権には、地主と借主の双方でメリットがあります。

地主側のメリットとして、事業を起こす際に借り入れをする必要がありません。そのため、必要以上のリスクを負わずにすむというものがあります。ただし、建物用途を事業用に限定して「事業用借地権の場合」に当てはまります。それ以外ではこのメリットは適用されません。新法によって、地主も強く言える立場になったため、条件についても自分に有利なものを加えられるようにもなりました。過剰な条件追加は良くありませんが、お互いに大きな損にならない程度の条件を付け加える人は少なくありません。

借主側のメリットとして、土地を低予算で借りられて取得出来ること、事業用地の場合は土地が返還されるため地主を説得して好立地に展開しやすいという点です。双方ともにまったくのリスクゼロというわけではありません。しかし、メリットの方が大きいのでトラブルにならずに契約を締結・更新出来ますし、地主側も理不尽な更新拒絶は出来ませんが以前のような更新一択という状態でもないのです。